MENU

映画『ヒメアノール』徹底解剖!エグいグロいは覚悟せよ【森田剛出演】

ヒメアノール

映画『ヒメノアール』について下記の内容でお届けします。

それではスタートです!!

もくじ

基本情報

ジャンルドラマ・サスペンス
製作年2016年
視聴時間99分
監督・脚本吉田 恵輔
原作古谷 実
配給日活

あらすじ

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビルの清掃のパートタイマーとして働いている岡田は、同僚の安藤から思いを寄せるカフェの店員ユカとの恋のキューピッド役を頼まれる。ユカが働くカフェで、高校時代に過酷ないじめに遭っていた同級生の森田正一と再会する岡田だったが、ユカから彼女が森田にストーキングをされている事実を知らされる。

引用:映画.com

キャスト・出演者

森田正一: 森田剛

岡田の同級生。

引用:NETFLIX

岡田進: 濱田岳

ビル清掃会社のパートタイマー。

引用:ナタリー

安藤勇次: ムロツヨシ

岡田の同僚。ユカに想いを寄せる。

引用:映画「前科者」

阿部ユカ: 佐津川愛美

安藤が想いを寄せるカフェ店員。

引用:映画「前科者」

ロケ地・撮影場所

ロイヤルガーデンカフェたまプラーザ【閉店】

引用:LIVING田園都市

阿部ユカのアルバイト先として登場した「ロイヤルガーデンカフェたまプラーザ店」は2020年1月末日をもって閉店しました。映画のロケ地がなくなるのは寂しいものがありますね。

旧小川高校 【閉校】

住所茨城県小美玉市小川650
アクセス石岡駅から公共交通機関・徒歩で41分
閉校した学校ですので、立ち入りはできません。

森田と岡田の高校時代の回想シーンは、茨城県小美玉市旧小川高校で撮影されました。
高校時代の辛い出来事によって森田は狂ってしまうのでした。

お好み焼き 美好 【移転】

住所東京都墨田区東向島2-32-21【撮影時】▶【移転】東京都墨田区京島1-46-12
アクセス【移転後】東京駅から公共交通機関・徒歩で29分

岡田とユカがもんじゃデートしていた店は、東京都墨田区お好み焼き美好です。
ヒメアノール撮影時の場所からは、すでに移転しています。
映画に映り込んでいた特徴的な注文札は移転後店舗でも見ることができます。

監督

映画『ヒメアノール』の監督は、吉田恵輔監督です。

吉田恵輔 監督作品

吉田恵輔監督の『ヒメアノール』以外の監督作品は、下記の通りです。

作品名公開年
ミッシング2024
神は見返りを求める2022
空白2021
BLUE/ブルー2021
愛しのアイリーン2018
犬猿2019
銀の匙 Silver Spoon2014
麦子さんと2013
ばしゃ馬さんとビッグマウス2013
さんかく2010
BUNGO 日本文学シネマ 檸檬2010
純喫茶磯辺2008
机のなかみ2007
なま夏2005

最新作 映画『ミッシング』

引用:ワーナブラザーズ

2024年5月17日から劇場公開されている映画『ミッシング』が吉田恵輔監督の最新作です。
石原さとみさんが『ヒメアノール』を観て吉田監督作品に出演希望し、念願を叶えた本作。吉田監督のオリジナル脚本で、幼女失踪事件を軸に、失ってしまった大切なものを取り戻していく人々の姿をリアルかつ繊細に描き出す作品です。

評価・レビュー

国内最大級の映画・ドラマ・アニメのレビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」の評価は?

★★★★☆ 3.7

・森田剛がヤバすぎてめっちゃ怖い。高校生の時のイジメから始まるサイコパス。本当は良い奴だったのかな。闇が深すぎる

・森田剛の演技が良い意味でイカれてる!そのイカれを濱田岳が上手く中和してくれてる。

・最高。キャストも内容もかなり過激で攻めている。グロくて最後まで見るのはなかなかしんどいがとても好み。

・不穏な感じと森田剛さんの演技、素晴らしいです!大好きな作品!!!

・森田剛に拍手。アイドルを感じさせない残忍さで演技にも惹きつけられる。他のキャストも良くて、ムロツヨシの棒読み変人男の感じも味があった。

(評価を一部抜粋)※24/6/8時点の評価です。

【Filmarks(フィルマークス)とは】

国内最大級の映画・ドラマ・アニメのレビューサービス。
作品のレビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「作品の鑑賞記録」や「観たい作品のメモ・備忘録」「作品の感想や情報をシェアして楽しむコミュニケーションツール」として、利用できる。
月間利用者数:約880万人 ・累計レビュー数:1.9億

感想【グロい?おもしろい?】

映画『ヒメノアール』はサイコパス・バイオレンスな表現を含みますので、所謂グロい系の映画です。
なので、グロテスク系が苦手な方の視聴はおすすめしないできないです

冒頭はラブストーリーのような導入ですが、冒頭33分でやっと出るタイトル以後、イッキに狂気性が色濃くなります。その意外性でググッと引き込まれます。日常の平凡さとその身近に潜む狂気のコントラストが巧妙に描かれていて、自分自身の身近にもこのような狂気が潜んでいるかと思いながら観るとドキドキが止まらなくなります。

特に森田剛さんの狂気的な演技は観て欲しいです。あれは憑依してます。
ヒメアノールを観るまでは、森田剛=カッコいい・明るい という印象でした。しかし本作以降、森田剛=恐ろしい・やべぇ奴 に変わりました。それくらい印象をガラッと変えてしまうインパクトがある作品でした。
この作品をきっかけに、森田剛の演技に惚れ込みました。あれはマジでサイコパスです。必見の価値あり。

原作漫画

引用:ナタリー

映画『ヒメノアール』の原作は、古屋実さんの同名漫画『ヒメアノール』が原作です。
週刊ヤングマガジンで2008年〜2010年まで連載され、単行本は全6巻です。

古屋実さんの代表作は、ギャグ漫画の金字塔『行け!稲中卓球部』が有名です。

新品・中古・価格は各サイトでご確認ください

動画配信サービス一覧

:見放題  :レンタル  ー:配信なし
← スマホの方は横にスライドできます →

スクロールできます
VOD配信状況月額料金(税込)無料期間公式HP
U-NEXT
UNEXT
2,189円31日間U-NEXT
AmazonPrime
amazonprime

407円
月額600円
年間5,900円
30日間AmazonPrime
NETFLIX
netflix
790円 〜 1,980円なしNETFLIX
Lemino
Lemino
990円31日間Lemino
DMM
DMMTV
550円30日間DMM TV
hulu
hulu
1,026円なしhulu
※配信情報は24/5/30時点の情報です。最新の配信情報は各サイトでご確認ください。

← スマホの方は横にスライドできます →

まとめ

映画『ヒメノアール』について下記の内容でお届けしました。

僕は本作で森田剛さんの演技に一目惚れしてしまい、他の作品も漁るようになりました。
どの演技も視線を釘付けにする魅力がたっぷりです。
森田剛さんが出演する作品のおすすめは、下の記事にまとめています。よければご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。また、お会いしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ